中学英語、基礎からやり直し 2

中学1年の基礎からのやり直し、 間違ったやり方は以下です。



1.瞬間英作文

問題点→
答えが本来は沢山あるが、ひとつしかない。
外資役員レベルの仕事を把握していない方が作っているので
仕事で使えない英文が多い。
受験英語の延長の英語多いので、ネイテイブに笑われる英文が多い。

2.文法ドリル

問題点→
穴埋め問題が多い。
実社会では、穴埋めで会話は成立しない。
テレカン、プレゼン、メール、すべて自分で英文を作る必要がある。
例文が学生用である場合が多い。
外資役員レベルの英語、仕事で使える英語を知らない方が作った英文が多い。

 

 

 

例えば、上記の例文では「受験英語」「TOEIC(R)専門校」などでは

すべてOKと教わる場合がほとんどですが、実際は使われない構文があります。

モリイングリッシュでは「ネイテイブに笑われない英語」

「本当に仕事で使える英語」を学ぶことができます。

中学英語、基礎からやり直し! 1

中学英語のやり直し

ふつうはドリル、問題集を中心にやり直しをお考えの方が多数いらっしゃいます。結論から申し上げると基礎ほどきちんと習うことをお勧めします。

 

中学英語、独学がダメな理由

ドリルで穴埋めができるようになっても、仕事で使える英文を書ける、話せるようにはならないからです。瞬間英作文も同様、単に模範解答を丸暗記する勉強の延長になりがちです。

 

正しいやり直し方法


正しい中学英語のやり直しは、外資系企業のネイテイブスピーカーが使っている実用的な英語を英作文を通して添削、解説しながら学ぶ方法です。モリイングリッシュでおこなっているオリジナル英作文メソッドです。

この方法で学ぶためには、講師のレベルがポイント。
即ち、講師がTOEIC(R)で990点満点を持っているだけでは全く足りません。TOEIC(R)は素晴らしいテストですが通常のリスニング&リーデイングのテストではせいぜい四択の穴埋め問題が合っていたかどうかの問題です。


このような形式のテストにおいて講師が990点を持っていてもビジネスの世界、リアルな英語を使う世界で議論、プレゼン、仕事ができるかといえば
大きな?マークがつきます。

どのような講師がいいのか

米国フォーチュン500(アメリカの優良企業500社)のCEOの90%が読んでいる本、たとえばP.ドラッカーの英書を英語で解説できて、なおかつドラッカーレベルの英作文を添削できるレベルの講師から学ぶことが上達のカギになります。残念ながらTOEIC990点もっている講師が1000人いても、このレベルの講師は数名いればいいほうです。

ドラッカーレベルの英文を添削できる講師が本当の意味でビジネスで使える英語を教えることができます。トイックで満点持っているだけでは、受験英語の延長の英語を教えることができるだけです。トイックで満点を持っていても、外資の英語の会議でネイテイブの役員相手に議論できる講師はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

中学レベルやり直しの英語

英文法、英作文が大切ですが 、Pドラッカー、コトラー、ハーバードビジネスリビューレベルなど教養のあるネイテイブスピーカーが読んでいる英文(英作文)を添削できる日本人講師から学ぶことがマストです。

単に、990点持っていても上記レベルの英作文を教えることができません。 モリイングリッシュでは可能です。英作文、文法についての質問に体系的に答えることができるかがポイント。

よくネイテイブスピーカーが逃げの常套句で言う「It doesn’t sound natural. We don’t speak like that. It doesn’t make sense.」などど言って煙に巻いたりしてはいけません。(笑)

 

 

 

バランス

精読か多読か、熱心な学習者のテーマです。
世の中では資格試験のための勉強が流行っていて
多読が推奨されるケースが多いでしょう。

 

しかしグローバル社会で使える英語力は、
選択式のテストに耐え得る語学力ではありません。



先人が西部開拓で道を切り拓いていったように、

地道な努力で
自ら道を切り拓く努力、気概が必要です。



俯瞰してポイントを掴みつつ

手堅い仕事も必要となるでしょう。

バランスが必要ではないでしょうか。

桜咲く

努力なくして成果なし。
TOEIC、プレゼン、転職
さまざまな花を求めて人は努力します。



成果さえ手に入れることができたら、
と焦れば焦るほど成果は遠のくのかもしれません。



風雪を耐えた桜だからこそ、あれほど優美なのではないでしょうか。
努力という名の風雪。

The tree is known by its leaf.

暗記テストでその人の器が見えるときがあります。
できなかったときの言い訳は様々。



「テストだったんですか?」
「テストって言われていませんでした」
「すみません、私の不注意でした」
「以後、気をつけます」



人生いたるところに師あり。
と仰った方がいました。
反面教師です。



潔さ、自助努力。
日本古来の美徳。

英語だけでなく、人生全般にあてはまる成功の秘訣ではないでしょうか。

ビジネス英会話 武蔵小杉校  2Hセミナー(学習方法)

ビジネス英会話をマスターするための2Hセミナー



ビジネス英会話 武蔵小杉校 学習法セミナー内容



1.学院長による現在の英語力レベルチェック

2.1に基づいた学院長によるアドバイス

3.目標についてのヒアリング

4.1~3に基づいたビジネス英会話セミナー

5.ビジネス英会話に必要な英作文作成演習



3ヵ月で330点アップ実績の英語塾。
モリイングリッシュアカデミー学院長による無料セミナー

開催場所 モリイングリッシュ武蔵小杉校(最寄駅東横線新丸子駅)

 

話すことが中心の英会話スクールとは一線を画したビジネス英会話マスター方法を体験できます。英会話の基本は音読ではありません。正しい英文を作れるようになることが上達の秘訣です。

テレカン、会議で話せるようになる為には、正しい英文が作れるようになる必要があります。中1基礎レベルから始めるビジネス英会話に必要な英作文能力をアップするための秘訣を体験することができます。

中学英文法はドリルだけでマスターできません。料理レシピーだけを研究してシェフになれないのと同じ理屈です。



2Hセミナーでは、シャドーイングや瞬間英作文だけでは足りない「正しい英文を作るコツ」をワークショプ形式で学べます。英会話を話せるようになる」為の方法、マイルストーンを提示します。


 

申込方法

無料体験フォームにてお申込ください。

 

自分に合った横浜の英会話スクール

横浜には様々な英会話スクールがあります。

楽しくゆっくり学びたいのか、

少しハードでも短期で成果を上げたいのか。

目的を決めてから英会話スクールを選びましょう。

ただし、ハードに勉強していてもやり方が間違っていると成果につながりません。

ハードに勉強していても目標設定が間違っていると成果につながりません。

外資系企業で働くためにTOEIC(R)テストで900点を取得することを目標にして失敗するケースがそれです。
点数を取得しても、英語を使い仕事ができるかは別問題です。

プロのアドバイスが必要です。

しかしながら蕎麦屋の出前と同じ。「いつ出ました?」「いま、出たところです。」

どの英会話スクールでも聞けば、「大丈夫」「当校はあなたの望みを叶えます」と答えるのではないでしょうか。
「これくらいしか努力しないのに大丈夫ですか?」「大丈夫です」と。良薬苦し。そんな簡単なはずがありません。

武蔵小杉で英会話の極意、階層認識

transference

 

英会話の上達は、目標設定にあります。

日常会話ができるようになりたい。
と思っている方は沢山いらっしゃいますが、「日常会話」って何か考えたことがあるでしょうか?



レストランの注文、ホテルのチェックインだけが日常会話ではありません。


たとえば、武蔵小杉グランツリーで友達とご飯を食べながら、「将来なにしたいの?」


「なぜ?」「そういう生き方いいね」などと、話が展開していくことがあります。



人生観、感性、生きがい、などの心象風景、
哲学を語れるように目標設定することが「英会話上達の秘訣」です。

グローバルといっても、しょせん人と人のコミニケーションです。

 

希望を胸に、着実な一歩

women

少年よ大志を抱け!

かつてクラーク博士がおっしゃった言葉です。

 

大きな理想を持つことは、英語の勉強だけでなくとても大切なことであると思います。

そしてさらに大切なことは、大志を実現するための戦略、戦術です。

夢に終わらせないための着実な一歩が必要です。

 

継続的な着実な一歩です。

 

ビジネス英会話 横浜校 早朝(学習法相談会)

ビジネス英会話 横浜 早朝無料レッスン

ビジネス英会話を横浜でマスター!

開始時間

早朝6:30、6:45、7:00、7:15(60分)



ビジネス英会話は応用できる暗記力が成功のカギです。
応用力をつける為には「話すだけの英会話」では話せるようになりません。
話すための「英作文能力」をアップするためのコツをお教えします。

 

学習相談会ではビジネス英会話の学習方法をご自身の目標、
現在のレベルに合わせてアドバイスいたします。
リスニングの秘訣、英文暗記のお教えします。

 



申込方法

 

HP無料体験フォームでお申込ください。
備考欄に「ビジネス英会話 横浜校 早朝無料レッスン」希望とお書きください。