ビジネス英語、TOEIC®テスト対策を基礎から!武蔵小杉・横浜の英会話スクール「モリイングリッシュアカデミー」

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー 横浜・武蔵小杉校
お問い合わせ/資料請求
044-434-7750
電話受付 14:00〜22:00(月曜定休日)

書けないから話せない、
ビジネス英語、TOEIC®Test特訓!
  • Facebook

インフォメーション

横浜と武蔵小杉で社会人のためのやり直し英語勉強法(英会話・ビジネス英語・社会人入試)無料セミナー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長

インフォメーション

横浜・武蔵小杉/社会人のための英語やり直し勉強法セミナー(英会話・ビジネス英語・社会人入試)

モリイングリッシュアカデミー無料セミナー(新丸子駅徒歩3分、綱島から8分、田園調布から3分、中目黒から13分、渋谷から17分

 

セミナー受講方法

当校の無料体験フォームによるお申込

 

セミナー開催場所

モリイングリッシュアカデミー横浜校(西口徒歩8分)・武蔵小杉校(新丸子駅徒歩3分)

 

セミナー開始時間

予約制 早朝6時~23時まで(ご希望の時間)

 

セミナー内容

英語やり直しのための勉強法を学ぶ。

  • やり直し英文法のポイント
  • 英単語の増やし方
  • リスニング対策

英会話の正しい学び方。ビジネス英会話の学び方。各種資格試験攻略法。

  • 英会話と英文法の関係
  • ビジネス英会話 暗記の秘訣
  • 資格試験攻略のための基礎力のつけ方

中学英語の注意点。発音とイントネーション上達の秘訣。正しい勉強法。

  • 受験英語と実用英語の違いと対策
  • 発音とイントネーション上達のコツ
  • 正しい勉強法と正しい目標設定

 

セミナーに必要な持ち物

ノート、筆記用具、辞書(電子辞書、または紙の辞書)

 

 

目標設定の大切さ

「英語を学び直す」ときのよくある間違いは、目標設定です。

例えば、転職が最終目標の場合、よくある間違いは、「TOEIC(R)テストの点数アップ」だけを目標にしてしまうことです。点数を取ったあとのことを考えておくことが必要です。転職の際に、書類選考、面接に受かってからの次のステップを考えておくことが大切です。仕事で使える英語力を身につけることも目標に入れることが大切です。

「正しい目標設定」をするためには、企業側からの視点で考えてみる必要があります。資格試験で点数を提示しているということは、それ相応の英語力が必要であるということを意味しています。その分、給与、待遇が良い条件になります。点数に象徴される実力をつけることが大切です。

いざ、転職に成功しても、そのあと英文メール、電話応対などができなくては仕事になりません。資格試験合格(目標の点数達成)と実力養成、その両方に対応した勉強法が望まれます。

 

 

社会人(初心者)が英語セミナー やり直し英語勉強法における注意点

目標設定とプロのアドバイス

ビジネスシーンにおける英語の会話力をつけたい、TOEIC®testで高得点を取りたい、リスニング力を高めたいなど、様々な目標設定があります。目標を達成するためにはプロのアドバイスが必要です。

例えば、トイックでリスニング得点を上げることが目的の場合、リスニング力の基礎になっている英語の基礎能力を上げることを目標にするのか、ボキャブラリーを増やすことを目標にするかで、リスニング自体の点数がかわります。

 

英文法ドリルの弊害

また、初心者が英文法の基礎力を身につけたい場合、文法書とドリルを買ってきて、自主学習を試みることがよくあります。典型的なパターンでは問題を解いて、答えを見て、間違ったところを覚えるやり方です。

問題点は、解答書の正解を見て、そのまま暗記しようとしても、必ずしもターゲットになっている英文法をマスターしたことにはならない点です。

英文法をマスターするためには、ネイテイブスピーカーが見てもおかしくない英文を、自ら作文、作れるようになる必要があります。ここが一番難しい点です。

なぜなら、文法は数学のように公式にあてはめれば、必ずしも正解を得ることができないからです。coffeeとteaを入れ替えればいいような、簡単な英作文の練習もあまり効果的ではありません。

穴埋め問題のドリルで100点をとっても、文法をマスターしたことになりません。自分の力で、白紙の状態から英文が作れるようになって初めて、英文法をマスターしたことになります。

英文法をマスターする際に、受験英語にならないように気をつける必要があります。いわゆる、受験英語としては、文法的には正しくても実際は使えない「おかしな英文」になることがたくさんあります。ニューヨーク、ロンドンのネイテイブスピーカーに通じる英文が書ける、話せるようになる学習方法が大切です。

 

英語上達の物差し

さらに英語力上達において難しい点は、自分が作った英文がおかしくないかどうかは、かなり英語力がないと判断できない点です。ビジネス英語、ドラッカー、英字新聞レベルの英語を添削できる優秀な日本人の指導者のサポートが必要になります。

 

例えば、「それをやらないほうがいいよ」はYou had better not do it.とはなりません。

「受験英語」ではOKかもしれませんが、実際はこのような表現はあまり使いません。

had better~は、かなりキツイ表現で、脅迫めいている感さえあります。

Why don’t you~?または、You might want to~などが好まれます。

How about ~?の表現もあります。

このように、文法的には正解でも状況的には「おかしい英文」、「間違っている表現」はたくさんあります。TPOに応じた英語表現を身につける必要があります。

 

英語添削の難しさ

英文法の基礎をやり直すためには、英文のビジネス文章を添削できる実力がある指導者から学ぶことが近道です。ビジネス文章を添削できるかどうかは、当校が行っているように、例えば「Pドラッカー」レベルの英文を添削できるかどうかがポイントになります。

 

このように、社会人が英語をやり直す場合は、目標設定が必要ですが、目標を設定することと、どのようにその目標を達成するかを考えることが大切です。

単純に文法書とドリルを買ってきて「瞬間英作文」の練習をすればそれでいい、というような簡単なものではありません。瞬間英作文で丸暗記した英文は、必ずしも応用が効くとは限らないからです。

目標を設定する際には、いろいろな勉強方法を検討する必要があります。プロのアドバイスが必要になります。プロと言っても、資格試験で高得点が取れるから、優秀なプロであるわけではありません。

TOEIC(R)test自体は非常にいいテストですが、満点を持っていること、それが即ち、いいプロの指導者であることを意味しません。

 

モリイングリッシュアカデミー(綱島から8分、田園調布から3分、渋谷から13分、新宿から21分)では、外資役員を教えているプロが、無料で最適の勉強方法をご提案します。

現在の実力を測り、目標設定を行い、最適の勉強方法をご提案します。英語が苦手な初心者の方は大歓迎です。外資役員、マネージャーが多数学んでいる実用英語、実践的な英語を学べる英語塾の学院長が直接ご対応いたします。

 

成果測定

英検、トイック(R)テスト、トフル(R)テストなど、すべての資格試験は、英語力の一部を測るテストです。基礎能力がまだ十分ついていない初心者は、上記資格試験を受ける前に、基礎的な力をつけてから資格試験を受けることをお勧めします。文章の作りかたもあまり分からない状態で、英単語を大量に覚えても、次のステップに行く際に、そのような勉強法は無意味であることに気がつきます。

また、中学1年レベルの基礎から始める場合、教科書レベルの英文の穴埋め問題のみで、成果測定することもおすすめできません。

中学レベルの英語の基礎レベルから始める場合でも、リアルなビジネスシーンで使える実力がついているかを測定するテストを受けることをお勧めします。

 

スピーキング

「話せるようになる」ことを目標に持つことはいいことです。

しかしながら、「話せるようになる」ことと、「話せるようになったと思う」ことに大きな違いがあります。「英会話スクールの先生が褒めてくれること」と「実力がついている」ことと大きな違いがあります。

本当に話せるようになるためには、スピーキングの練習ではなく、正しい英文が書けるようになるためのトレーニングが必要です。

モリイングリッシュ(横浜校・武蔵小杉校/新丸子校)の「やり直しセミナー」では、やり直し英語で、「話せるようになるプロセス」と秘訣をお教えします。

 

暗記法

書いて覚える、口に出して覚えるだけでは、暗記はできません。

少なくても、長期的に記憶して応用が利く暗記法ではありません。

 

正しい暗記法

使える英文法をマスターしながら、英作文を通して学ぶメソッドを使ったモリイングリッシュオリジナル暗記法をお勧めします。一度マスターすると、面白いように英文が暗記できるようになります。英文法、構文をマスターすれば、状況に応じて基本文を変えることができるようになります。この際、注意すべき点は、受験英語の英文法、使えない英文法を学ばない、と言う点が重要になります。

そのためには、状況に合わせて、英作文を添削してもらうことが大切になります。

受験英語かどうか、適切な表現かどうかは、教えてもらう必要があります。

無料体験では、実際にどのような英語が受験英語で、

どのような英語がビジネスで使えるいい英語であるかをお見せいたします。

正しい英文暗記法に必要な英文法習得の極意をお教えします。

英会話、TOEIC(R)テスト、英検、トフルなどで大きな成果を上げるために必要な英文暗記法をマスターしましょう。単に暗記するだけの受験英語の暗記法はお勧めできません。外資系企業のマネージャー、役員が仕事で使える英語力を養成するために必要な英文暗記力をモリイングリッシュアカデミーオリジナルメソッドでマスターしましょう。

 

TOEIC(R)TEST対策

英語を中1基礎レベルからやり直しを考えている方は、小手先の試験対策によってではなく、実力で点数UPを目指すことをお勧めします。まずは、基礎力をつけることが大切です。基礎ができていない初心者が、いきなり500点、600点を目指すことはお勧めできません。表面的な英文、熟語の丸暗記で終わってしまうからです。

 

セミナーで学べること

モリイングリッシュのセミナーでは、英語の正しい勉強法を体験して、モリイングリッシュオリジナル英作文メソッドを体験することができます。

久しぶりに英語を勉強する方、業務で急に英語が必要になったけれど「どのように勉強したらいいかわからない」方向けのセミナーです。

無料体験フォームでお申込ください。

辞書の使い方、単語を覚える際の注意点など、ご自身のご質問にも答えます。

開催時間は、ご自身のスケジュールに合わせることが可能です。

一度、無料体験フォームでご希望の日時をお知らせ下さい。

折り返し学院長からご返信いたします。

 

 

 

  • Facebook
モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長(プロフィール)

トピックス バックナンバー