ビジネス英語、TOEIC®テスト対策を基礎から!武蔵小杉・横浜の英会話スクール「モリイングリッシュアカデミー」

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー 横浜・武蔵小杉校
お問い合わせ/資料請求
044-434-7750
電話受付 14:00〜22:00(月曜定休日)

書けないから話せない、
ビジネス英語、TOEIC®Test特訓!
  • Facebook

グラマー30

23. 英文の基本文型(第5文型のポイント)

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長

グラマー30
main_blog_grammar3

 

「S+V+O+C」の文型とは?ポイントは何か?

「S+V+O+C」の構文、つまり第5文型とは、

目的語のあとの単語が目的語と=(イコール)の関係にある英文である。

 

We call them MIB.(私たちは彼らをMIBと呼んでいる)

S   V   O = C

 

だからどうしたのか?

メールを書くとき、英語で話すとき、リスニングにおいて文型を知っていると理解が早くなる。頭の中で英文を整理することが楽になる。どのような英文も原則、5つのパターン(文型)に集約されるからである。

 

応用系として、以下のような仮の目的語「it」を使うこともある。

例 I found it exciting.  I found it exciting to go shopping in Yokohama.

 

上記はどちらも第5文型。2つめの文のit =to go shopping in Yokohama。itのところに

to go shopping in Yokohamaを入れて意味を考えみるとわかりやすい。

横浜に買い物に行くのがワクワクすることだとわかった。(思った)

  • Facebook
モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長(プロフィール)