ビジネス英語、TOEIC®テスト対策を基礎から!武蔵小杉・横浜の英会話スクール「モリイングリッシュアカデミー」

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー 横浜・武蔵小杉校
お問い合わせ/資料請求
044-434-7750
電話受付 14:00〜22:00(月曜定休日)

書けないから話せない、
ビジネス英語、TOEIC®Test特訓!
  • Facebook

グラマー30

16. 受動態(受け身)

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長

グラマー30
main_blog_grammar3

 

1. 受動態とは「~される」の意味になる用法。

  例 この本は去年出版された。(受動態)

2. 尊敬語とは違うので注意。(形は似ている)

  会長が決断されました。(尊敬語)

受動態=be動詞+過去分詞+by…(by以下は省略される場合もあるので注意が必要)

日本語訳「…によって~される(された)」

The report was written by our partner. ⇒be動詞がwas(過去形)だから過去の文

主語  動詞+過去分詞 by…(…によって)

(そのレポートは我々のパートナーによって書かれた)

3. 能動態の文から受動態の文にする方法

能動態(普通の文)を受動態の文にするには次のようにする。

*通常はアングロサクソンは能動態を好む。

  1. 能動態の文の目的語を受動態の文の主語の位置に持ってくる。
  2. 動詞をbe動詞+過去分詞の形にする。(過去分詞は過去形と同じこともあるが、過去形ではない点が注意。動詞の時制は、be動詞で判断する。
  3. 能動態の文の主語をbyのあとにいれる(目的格にする)。

4. 受動態の疑問文・否定文

疑問文「be動詞+主語+過去分詞~?」

否定文「主語+be動詞+not+過去分詞~」

5. 助動詞がある英文の受動態

疑問文 「助動詞 +主語 + be動詞 + 過去分詞~?」

否定文 「主語 + 助動詞 + not + be動詞 + 過去分詞~」

  • Facebook
モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長(プロフィール)