ビジネス英語、TOEIC®テスト対策を基礎から!武蔵小杉・横浜の英会話スクール「モリイングリッシュアカデミー」

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー 横浜・武蔵小杉校
お問い合わせ/資料請求
044-434-7750
電話受付 14:00〜22:00(月曜定休日)

書けないから話せない、
ビジネス英語、TOEIC®Test特訓!
  • Facebook

グラマー30

14. 不定詞の作り方パート2

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長

グラマー30
main_blog_grammar3

 

1. 形容詞的用法

 不定詞(to+動詞の原形)が名詞を後ろから修飾する用法

「~するための」「~するべき」という訳になる。「shouldを使うことはできない」

I need some time to think.(私は考える(ための)時間がほしい)


We had no issues to discuss.

(私たちは話し合うための問題点が少しもなかった)

※形容詞が名詞を修飾するときには普通、形容詞を名詞の前に置く。

しかし、形容詞的用法の不定詞は、名詞の後に置く。

・形容詞→名詞

I want a new book.(新しい本)


・名詞←不定詞

I want a book to read.(読むための本)

  • Facebook
モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長(プロフィール)