ビジネス英語、TOEIC®テスト対策を基礎から!武蔵小杉・横浜の英会話スクール「モリイングリッシュアカデミー」

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー 横浜・武蔵小杉校
お問い合わせ/資料請求
044-434-7750
電話受付 14:00〜22:00(月曜定休日)

書けないから話せない、
ビジネス英語、TOEIC®Test特訓!
  • Facebook

グラマー30

12. 英文5文型の基本

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長

グラマー30
main_blog_grammar3

 

1. 英語の文章は5つの文型/5文型に集約される。

したがって、5文型をマスターすることが英語上達の近道となる。

英文の基本要素は、主語(S)・動詞(V)・目的語(O)・補語(C)の4つある。

上記の基本要素に、修飾語がついて長い英文になる。

修飾語とは、副詞、前置詞句などを含む。例えば、in the morning などである。

英文は、次の5つの文型のどれかに当てはまる。したがってこのパターンを覚えておくと

正しい英語を話す(書く)ための近道になる。

text12

上記の英文で、this とProject Xの間にis を入れたくなるかもしれないが不可。

×We call this is Project X.

○We call this Project X.

2. 「S+V+C」と「S+V+O」の文

「S+V+C」とは主語と動詞のあとの単語が=の関係にある文。

text12-2

3. 「S+V+O+O」の文

bring(持ってくる)show(見せる)cook(料理してあげる)give(与える)buy(買ってあげる)teach(教える)ask(質問する)などの動詞は目的語を2つ取ることができる。(いつも目的語が2つあるわけではない)

text12-3


S+V( show, teach, buy, give, askなど)+(人)+(物)

「Sは(人)に(物)を~する」

  • Facebook
モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長(プロフィール)