ビジネス英語、TOEIC®テスト対策を基礎から!武蔵小杉・横浜の英会話スクール「モリイングリッシュアカデミー」

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー 横浜・武蔵小杉校
お問い合わせ/資料請求
044-434-7750
電話受付 14:00〜22:00(月曜定休日)

書けないから話せない、
ビジネス英語、TOEIC®Test特訓!
  • Facebook

トピック1

ビジネスプレゼン秘訣2 忍者の巻

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長

トピック1

presentation_03

 

プレゼンは、improvisation(即興力)と器創りが必要の巻

 

先日の授業で、外資お勤めのAさんのプレゼン後日談。

「一度説明したことを、Q&Aで質問されてどう対処したらいいか迷いました。」

 

相手は、マネジメント上層部の方達。

皆様ならどのように対処しますか?

 

「説明したことをまた質問されて、意図を考えるヒマもなく苦労した」とのこと。

 

結局、あとから分かったことは、質問者はPCを操作しながらプレゼンを聞いていたので、

「聞いていたようで、聞いていなかった」のが事の真相だったそうです。

 

おススメした次回からの対処法

1.プレゼンの中で一度説明したことでも、「あたかも、初めて説明するように、丁寧に答える

 

これが難しいのは、有能なビジネスリーダーは純粋無垢な子供ように「動物のカン」が鋭いことが

よくあります。「顔が笑っていても、心からの温かいウェルカム波動を出していなとダメ」です。

形だけ笑顔で、あたかも、初めて説明するように、丁寧に答えてもダメです。

忍者のように、Japanese smileで煙に巻いてもダメです。

 

「そのこと、さっき説明したのに」と思った瞬間、その思いを読まれてしまいます。

即興力で機転を利かして「Yes, that’s a very important point. What it really means is that~」

などの文言で始めて、1回目と違うアングルで説明すると1度聞いたほかの方も満足します。

 

 

2.どんなことでも受け入れる「大将の器創り」

 

「動物のカン」に対する対応策は、ネガテイブな気持ちを出さないことです。

「小さなことは、優しく包んで許してあげるマインドセット」が理想です。

  つまり、なんでも受け入れる「大将の器創り」で、

「イライラしないマインドセット」を目指します。

一度説明したことを、もう一度Q&Aで聞かれても落ち着いて対応できます。

 

一般的に、外資でも上層部に行けば行くほど「動物のカンが働き」空気を読み行動します。

大切なことをリマインドするチャンスを与えてくれてありがとう」、の心境でしょうか。

 It’s easy to say, but hard to do!

 

 

以下、「小さなことは、優しく包んで許してあげるマインドセット」と経営について

 

優しく「泳がしている」ときに、「人を甘く見てつけ入る者」も時にはでてきます。

「知者は感情的に怒らない。」と自分の非を咎められて逆ギレする者さえいます。

 

優しい母の愛情と峻厳なる父の愛

甘やかすのが愛情ではなく、「泣いて馬謖を斬る気概」も時には必要ではないでしょうか。

大志があるのであれば。

 

 

  • Facebook
モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー

モリイングリッシュアカデミー学長(プロフィール)